新産業創生プロデュース活動「期待される有機デバイスと印刷エレクトロニクスの展開」を開催します!

新産業創生プロデュース活動「期待される有機デバイスと印刷エレクトロニクスの展開」を開催します!

 『新産業創生プロデュース活動』は、次世代の産業創生を目指して、千葉大学の研究シーズを結集し、企業の皆様のニーズとのマッチングおよび共同研究などを立ち上げることを目的として年数回開催しております。

 今回は、第1回プロデュース活動で開催した「未来プリンティング」以後急速に発展した、柔らかい有機デバイスや印刷エレクトロニクスに関し、千葉大学における重要課題研究として発足したグローバルプロミネント研究基幹キラリティー物質科学との共催で、柔らかい有機デバイスや印刷エレクトロニクスの最近の進歩について、第一線でご活躍の先生方や研究者にご講演頂くこととしました。

 ご関心のある企業や大学等の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時
平成29年3月9日(木) 14:00~17:00

(参加無料:事前登録制)
場所
千葉大学 工学系総合研究棟2 2階コンファレンスルーム
内容
1.挨拶(14:00-14:10)

・千葉大学 学術研究推進機構 産業連携研究推進ステーション 副所長・特任教授 北村孝司

・千葉大学大学院融合科学研究科 教授、分子キラリティ研究センター センター長 尾松孝茂

2.講演(14:10-17:00)

1)「快適なウェアラブルデバイスを実現するプリンテッドエレクトロニクス」

  (国研)産業総合技術研究所 吉田学

2)「印刷法によるフレキシブル有機トランジスタ作製とIoTへの応用展開」

  千葉大学大学院工学研究科 教授 工藤一浩、准教授 酒井正俊

3)「伸縮自在な新規熱硬化性ポリマーを用いたストレッチャブル電子ペーパー」

  パナソニック(株) 阿部孝寿、澤田知昭

4)「生体由来高分子を利用した有機エレクトロニクス素子」

  千葉大学大学院融合科学研究科 教授 小林範久

★17:30-19:00 交流会

千葉大学産業連携研究推進ステーション2Fで交流会を開催します。

是非ご参加ください。(会費:2,000円)
申し込み・問い合わせ
申込みは締め切りました。たくさんの皆様のご参加を頂き、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら≫≫

EMAIL:ccrcu@faculty.chiba-u.jp

FAX:043-290-3519
ファイル1
このページの一番上へ