千葉大TLO主催『特別講演会』のご案内

千葉大TLO主催『特別講演会』のご案内

 いつも国立大学法人千葉大学 学術研究推進機構 産業連携研究推進ステーションの活動にご協力いただき、心より御礼申し上げます。皆様に特別講演会のご案内をさせていただきます。

 例年、千葉大学技術交流会(千葉大TLO)では、総会と同時に特別講演会を開催しておりますが、今回も昨年度に引き続き、広く皆様にもご参加いただきたくご案内を差し上げる事にいたしました。

 皆様、お誘いあわせの上、ご聴講下さいますようお願い申し上げます。

開催日時
平成30年2月1日(木) 16:00~17:30
場所
千葉大学 けやき会館 1階 大ホール
地図URL:http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/index.html
JR西千葉駅 下車
JR西千葉駅より西千葉キャンパス南門まで徒歩2分
南門から「けやき会館」まで徒歩5分
内容
1.『「千葉ヨウ素資源イノベーションセンター(CIRIC)」と千葉大学のヨウ素研究』
16:05~16:45
講演者:大学院理学研究院  教授  荒井 孝義氏

 千葉大学が千葉県と共に申請しました「千葉ヨウ素資源イノベーションセンター(CIRIC)」が、平成28年度文部科学省の「地域科学技術実証拠点整備事業」に採択されました。
 ヨウ素は日本が輸出できる貴重な元素であり、千葉県は世界のヨウ素生産量の21%を占めています。しかし、日本から輸出されるヨウ素のほとんどは製造原料であり、それを原料として海外の製造企業がX線造影剤や消毒薬など高付加価値な製品に加工・販売し、日本はそれら製品を輸入しているのが現状です。本センターは、産官学が連携し、限りあるヨウ素資源の有効活用と付加価値の高い製品の開発・製造を目指しています。
 講演では、CIRICとともに千葉大学のヨウ素研究を紹介致します。
 
2.『液晶配向膜材料の開発と展望』
16:50~17:30

講演者:日産化学工業株式会社 材料科学研究所 ディスプレイ材料研究部  小野 豪氏
 
 現在、液晶ディスプレイ(LCD)は、その薄い、高精細、低消費電力といった特長を生かして、スマートフォン、タブレット、ノートPCからTVまで、幅広いアプリケーションに使用されています。私共はLCDの重要な部材の一つである、「液晶配向膜」にフォーカスして、約30年前から研究開発を進めて参りました。今回は、液晶配向膜の最新の開発状況と将来の展望について、LCDの未来予想も交え、ご紹介致します。

※その後、レストラン「コルザ」にて交流会を開催予定です。(17:40~18:45)
 どうぞ引き続きご参加ください。

【定員】
事前申し込み制にてお願いしております。

『特別講演会』 300名(参加費無料)
『交流会』   30名(会費:3,000円)
※交流会は会費制となっております。当日、受付にてお支払い下さい。
また、定員に達した際には、受付を終了させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
申し込み・問い合わせ
【申し込み方法】 ※平成30年1月24日(水)15:00締切

メールにて次の内容をご連絡ください。

参加される方の
・氏名
・会社名(所属等)
・連絡先(電話番号・E-mail等)
※参加される方が複数名の場合、皆様のお名前をご記載下さい。

【申し込み先】
国立大学法人千葉大学 学術研究推進機構 産業連携研究推進ステーション(事務)

E-mail:beh2230●office.chiba-u.jp

※E-mailアドレスの●を@に変更して送信くださいますようお願いいたします。
ファイル1
このページの一番上へ